monotukurimarche.png

to_stpat_01.pngto_stpat_01.pngbooth_01.pngbooth_01.pnggaiyo_01.pnggaiyo_01.pngaccess_01.pngaccess_01.pngcompa_01.pngcompa_01.pngstpatrick_01.pngstpatrick_01.pngqanda3.pngqanda3.png

【米と豆の店 卯の助商店】


スライドショー

米と豆の店 卯の助商店
【販売】
お米珈琲
米糀・甘酒(砂糖不使用)
小豆糀・甘酒(砂糖不使用)・・・おしるこのような味わい
苺の美・炭酸ドリンク
・・・自家製コンブチャ(酵素、乳酸菌、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール等栄養価が高い)を二次発酵させて使った微炭酸のドリンク

 フムス(いなべ産大豆を使用)・・・スープに入れたり、パンのディップに。
糀納豆(いなべ産大豆を使用)・・・ご飯にのせたり、チャーハンに、お豆腐のディップに。
チョップドサラダ(いなべ市産米・豆使用)・・・ワークショップ使用と同じもの。
 
 
【ワークショップ】
①お米珈琲の焙煎体験
陶器で作られた専用の焙煎機でお米を焙煎してもらえます。
焙煎したお米は、煮出すと真っ黒で珈琲のようですが、効能としては、ノンカフェインで
コーヒー豆の珈琲とは異なり体が温まる飲み物です。
②ガレット作り体験ガレット 
いなべ産そば粉と天然酵母を使用した生地をクレープのように薄く焼く体験をしてもらいます。
焼いたガレットには、新鮮なお野菜のサラダ等をくるんでお食事として召し上がってもらえます。
巻くための中の具は、1人前ずつカップに用意しておきます。
 
 【プロフィール】
“人”に“良い”と書いて「食」。の考えを基本にお惣菜を作っています。また、人だけでなく生き物・環境においても優しいお米・お野菜作りをしたいと農家さんと一緒に農薬を使わない取り組みもしています。
いなべは、豊かで美味しい水に恵まれています。そのお水で育ったお米とお豆さんをベースに、伊勢湾の恵みも合わせて「まごわやさしい」お料理ができます。そこに発酵の仕組みを加えることで、少しだけ日持ちのする食品廃棄につながらない、体にも環境にも優しいものがお届けできます。
派手な見た目や衝撃的な味わいもありませんが、食べ飽きなることのない長く長く愛されるものをお届けしたいと思っています。
そんな思いで日々、試行錯誤しております。
私たちの目の前広がる伊勢湾は、日本最大の湾で非常に恵みが多く、その資源の元をたどると、川、そして山へと遡ります。いなべという川上で生活している私たちは、「持続可能な社会」=サスティナブルな社会を目指して、私たちにも出来る、生き物・環境に「良い」と思うことをし、人に良い「食」を作っていきたいと思っています。
そんな【人に良い「食」つなぐ。プロジェクト】の惣菜屋です。


 


出店/24日、25日
販売、ワークショップ